うぐいす会

理事長のご挨拶

私たちの生活している資本主義社会は不安定な社会であり、競争を中心とした淘汰社会は弱い者が犠牲となる構造を持っています。
人は平等に歳を重ね、認知症になったり、歩行が困難になったり、弱者になったりもします。一人で生きられぬ共に生きる社会は、人が人を支えあう社会であると思いますがいかがでしょうか。

いつのまにか私もお年寄りの仲間入り、初老を迎えました。私の母が80歳を超えて認知症になり、大切なことに気がつきました。
生老病死という人生の尊い真理です。恩師も同様、施設が必要になり、さっそく発願しましたが、母も恩師も施設完成まで間に合わず、人生の終着駅を迎えました。日本が急速な高齢化社会を迎えるという20年以上前のお話です。

それ以来、「特別養護老人ホーム誉田園」「介護老人保健施設コミュニティ広場うぐいす園」「ケアハウス誉田園」「指定障害者支援施設こころの風元気村」「デイサービスセンターはなみずき」「稲毛グループホーム」「地域福祉発進基地ありがとう」等、社会ニーズに沿い、地域福祉、地域貢献を念じ、この20年間積極的に福祉実践をしてまいりました。
忘我利他の人々から感謝される施設を願ってのことですが、それもひとえに私が住職をさせていただいている浄土真宗阿弥陀寺のお陰、私財を投げ出すことができたのも私を支えてくれる大勢の皆々様のお陰です。
高齢化社会へのご奉仕ですが、皆様の園です。「お年寄りを大切に」「感謝される仕事」「まごころ奉仕」「皆仲良く和を尊ぶ」を信条としています。

お気軽にご相談ください。

「共に生きる」「入居者主体」「尊厳保持」「地域連携」

社会福祉法人うぐいす会の信条は、入居者様と「共に生きる」ことです。
私たちは入居者様もそこで働く職員も地域社会の構成員であり、「ふれあい豊かな近隣社会」を構築する原動力であると考えています。毎日の暮らしを楽しく笑顔で紡ぎ、張り合いと生きがいに満ちた生活の拠点を提供することで社会貢献することが私たちの目標です。

今後も社会福祉法人としての自覚を持ち、全職員による創意工夫と一致団結により、一流の福祉施設の運営を目指し努力してまいります。

うぐいす会4大理念
施設に関するご質問など、お気軽にお問い合わせください。